ホホバオイルの歴史

ホホバオイルの歴史

 

ホホバオイルの歴史を紐解いてみると、その存在はかなり古いものとなります。アメリカの先住民、インディアンやメキシコなどの先住民族で長い間利用をされていたことが伝わっています。

 

ホホバの木が生える場所は砂漠の土地です。極端に水が少ない土地の中で、水や液体という形のものはかなり重要なものでした。そして、砂漠の土地は日差しもかなり強いところで日焼けも重大です。

 

ホホバの木から採れた木の実を潰して採ったオイルが日焼けや紫外線で痛んだ髪をいたわるのに効果があることが分かり使用をされていました。

 

そして、火傷の皮膚を保護するにも利用をされるようになり治療薬としても利用をされていました。その後ヨーロッパ方面から開拓のため移民をしてきた人々は、先住民が使用しているホホバオイルの優れた効果を知り珍重されるようになったのです。

 

時代は流れ1970年代に入りマッコウクジラの捕獲が出来なくなると同時に、それまでクジラから採ったオイルを利用していた工業用機械や潤滑油、燃料類などの存続が問題となりましたが、成分が似ているといわれるホホバオイルに注目が集まり、代替品として利用をされるようになりました。

 

現在ではきちんとした利用で工業用から身近な物まで多くのものに利用をされています。

 

そのような万能のホホバオイルですが、1970年頃までは野生のホホバからオイルを採取していましたが、需要の拡大と共に現在は人の手で栽培をされ、計画的に生産をされて世界に輸出をされています。

 

関連ページ

ホホバオイルの成分とは
ホホバオイルの成分について説明します。
低温圧搾と高温圧搾の違い
低温圧搾と高温圧搾の違いについて説明します。
ホホバオイルの保存期間
ホホバオイルの保存期間について説明します。
ホホバオイルの安全性とは
ホホバオイルの安全性について説明します。