日焼けをした時の利用方法

日焼けをした時の利用方法

 

夏の日差しの厳しい時期に気になる日焼けですが、日焼け後の皮膚は軽い火傷状態で火照りや痒みが生じます。同時に水分が蒸発してしまっているので皮膚の乾燥もかなり進み大きなダメージを受けている状態です。

 

この状態を放って置くと、細胞は傷ついたまま酸化を続け更に傷ついてしまいます。酸化が進むということは肌の老化が促進されているということになり、結果的にはシミやシワなどが酷くなり老けた印象や肌トラブルを招いてしまうのです。このような事態を防ぐためにも、ホホバオイルは活躍をします。

 

日焼けをした場合、日焼け部分にホホバオイルを塗りましょう。この時、肌はダメージを受けて弱っていますから過度な刺激は禁物です。優しく丁寧にオイルを塗っていきましょう。

 

しかし、ここでひとつ知っていただきたいことがあります。ホホバオイルが日焼けに良いという万能オイルであるということは知られていますが、この日焼けに対する効果に中には誤解を招いている場合もあるようなのです。

 

一番大きな勘違いの効果は、ホホバオイルひとつで日焼け止め代わりになると考えられていることです。確かにホホバオイルは紫外線の強い砂漠地帯で育っている植物から採取をされ、多少の紫外線は防止できる効果は併せ持っています。

 

しかし、強烈な紫外線をホホバオイルのみで予防できるというのは不可能なことなので、あくまでも補助的にスキンケアやきちんといた日焼け止めとともに使用をすることが望ましい利用方法です。

 

関連ページ

スキンケアとしての利用方法
ホホバオイルのスキンケアとしての利用方法ついて説明します。
クレンジングにもホホバオイル
ホホバオイルのクレンジングとしての利用方法ついて説明します。
アトピー肌へのホホバオイルの利用
ホホバオイルのアトピー肌への利用方法ついて説明します。
リップケアでの利用方法
ホホバオイルのリップケアでの利用方法ついて説明します。
マッサージでホホバオイルを利用
ホホバオイルのマッサージでの利用方法ついて説明します。
バスオイルでの利用方法
ホホバオイルのバスオイルでの利用方法ついて説明します。