アトピー肌へのホホバオイルの利用

アトピー肌へのホホバオイルの利用

 

近年アトピー性皮膚炎は確実に増えてきている皮膚疾患のひとつです。乳幼児期に発症することが多いですが、大人になっても悩まされる方も多くなってきました。そのような方にホホバオイルの持つ高い保湿性と殺菌性は、アトピー性皮膚炎の方にも適しているものなのです。

 

アトピー性皮膚炎の方の肌は大変敏感ですから、入浴時にタオルなどで身体を擦ってきれいにすることができない場合が多いです。そのため、そのような症状をお持ちの場合は身体にホホバオイルを多めに塗り、15分ほど置いて馴染ませます。

 

その後柔らかめのティッシュや布などでゴシゴシと擦らないよう、優しく拭き取るように汚れを取り除きます。この方法は身体の洗浄と保湿を合わせて行うことができ、効率よく行うことができます。

 

他には入浴後の肌の乾燥がしきらないうち、目安と言えば5分以内というところでしょうか。肌にまだ水分がある状態でホホバオイルを全体に伸ばして下さい。実はスキンケアを行なうにあたって、一番重要で効果が期待できるケアのタイミングは入浴後なのです。

 

入浴後の肌が水分を失わないうちにホホバオイルで保湿を行なうことにより蒸発を防ぐことができますので、乾燥状態が改善されると同時にアトピー性皮膚炎によるかゆみなども軽減される可能性が高くなります。

 

しかし、体質などによりホホバオイルも痒みや痛みが出る場合もあります。何日も続くようであれば皮膚科やかかりつけ医を受診し相談をしましょう。

 

関連ページ

スキンケアとしての利用方法
ホホバオイルのスキンケアとしての利用方法ついて説明します。
クレンジングにもホホバオイル
ホホバオイルのクレンジングとしての利用方法ついて説明します。
リップケアでの利用方法
ホホバオイルのリップケアでの利用方法ついて説明します。
日焼けをした時の利用方法
ホホバオイルの日焼けをした時の利用方法ついて説明します。
マッサージでホホバオイルを利用
ホホバオイルのマッサージでの利用方法ついて説明します。
バスオイルでの利用方法
ホホバオイルのバスオイルでの利用方法ついて説明します。